記事一覧

Ryse: Son of Romeの日本語化のあらまし

「Ryse: Son of Rome」というゲームをだいぶ前からやりたいなーと思っていたのですが、XBOXでは日本語版が出ていたもののPC版は日本語が入っておらずかなり悔しい思いをしていました。このゲームは「Crysis」でおなじみのCrytek社が開発したゲームで、古代ローマをモチーフにしたアクションアドベンチャー(wikiにそう書いてあります)です。

2ちゃんねるのPCアクション板にこのゲームのスレがあったので覗いてみたところ、なんとPC版を日本語化する方法が発見され、有志の方が翻訳しているではないですか!素晴らしい。で早速Steamで購入、プレイしてみたのですが。日本語のクォリティがもう一つ。というわけで自分で全面的に訳を見直し、未訳だった部分(マルチプレイのところとか)も翻訳して完成させました。
あ、別に私の前に翻訳した人をディスってるわけじゃないですよ。有志の方々の努力には私もほんとに頭が下がります。ただ、この有志翻訳の世界は「文句があるんなら自分で訳せ」が合言葉ですから。

このゲーム、実は評判があまりよろしくなかったりします。戦闘がやや単調なのと、シングルプレイがすぐ終わってしまうから。でも今なら安く買える(セールだと500円くらいで買えたりする)ので、一つプレイしてみるにはいいんじゃないでしょうか。
とにかくグラフィックの美しさは特筆ものですし、シナリオもなかなかよく練り込まれています。海外ではゲームのシナリオといえどもプロの脚本家が数人で意見を出し合って詰めていくのだそうですが、そこらへんは日本のゲームも見習ったほうがいいですね。

最後に一つ補足を。このゲームは古代ローマをモチーフにしてますが、あくまで題材に取っているだけで、史実とは全く違うストーリーが進みます。皇帝の名前がネロだったり、ブーディカという女戦士が登場したりしますが、モデルにしているだけであって歴史上の人物とは違います。
で、同じようなゲーム内の登場人物としてDamoclesというキャラクターが存在するのですが、ダモクレスと聞いて多くの人が想像するのは「ダモクレスの剣」でよく知られたシラクサのダモクレスでしょう。ところがネロやブーディカがある程度実在の人物を投影しているのに対し、ゲームのDamoclesは歴史上のダモクレスとは全く何の関係もありません。で、私は混同を防ぐため、ゲームのDamoclesの日本語表記を「デモクルス」としてあります。どうかご了承いただきたい。

蛇足ですが、開発したCrytek社、いまどうも財政的にヤバい…らしい。給料遅配の噂がチラホラ…好きなゲームメーカーだけに倒産だけはしないでほしいなあ…
スポンサーサイト

コメント

No title

久しぶりにやろうと思ったら日本語化できるようになっていて嬉しかったです。
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mine-yuki

Author:mine-yuki
FC2ブログへようこそ!