FC2ブログ

記事一覧

昔話

30数年ほど前、私の友達のD君という人がApple II用のゲームソフトを持ってまして(本体は持ってないのに何故かソフトだけ持っていた。それもコピーじゃない本物)、それを近所の電機店で展示してあったApple IIcを使わせてもらって遊んでました。大らかな時代だったんですね。

そこで『Wizardry』を初めて遊んだのですが、当然英語だからさっぱり分からない。当時はリアル中学生でしたから1ミリも理解できない。そりゃー教科書で習う英語とは違いますもんね。StrengthとかPietyとか。MageとかPriestとか。でも当時は嬉しかったなあ。なんか凄い体験でしたから。(『Wizardry』は後にアスキーから日本語版が発売されましたので遊びまくりました)

でもその時は英語ができたらいいなあ…とは思わなかったですね。当時はPCゲームも黎明期で、ゲームそのものがそんなに面白くなかったからかもしれません。高校に入ってテーブルトークRPGにハマり、PCゲームからは遠ざかったというのもあります。

初めて決定的に「チクショー、英語できたらなあ」と思ったのは、『Baldur's Gate』が発売された時です。D&Dに親しんでいたこともあり、このゲームやりたくて仕方なかったのです。『Baldur's Gate』は英語版を買い、その後SEGAから発売された日本語版も買いました。こういったRPGはテキスト量が膨大で、とてもじゃないけど辞書引いて分かるような内容ではなかったです。

それで現在に至るわけですが、面白いゲームなのに日本語版が出ていないとか、機械翻訳レベルの日本語版しかないゲームとか
(私が買った日本語版ゲームで一番酷かったのはライブドアから販売されたザ・テンプル・オブ・エレメンタル・イヴィル日本語版ですね)が多くあり、面白いゲームを求めるプレイヤーにとっては歯噛みしたくなるのが現状です。

そのために多くの有志の人たちがPCゲーム日本語化のために努力しており、私もたくさんのゲームを日本語で楽しませていただきました。私が始めて日本語化に参加したのはTES4:OBLIVIONで、これはまあグダグダになってしまいましたが、「デヴェロッパーがやってくれないんなら自分たちでやろう」という姿勢は素晴らしいと思います。

これからも微力ながらユーザーのために貢献したいと思います・・・どこまでできるかは分かりませんが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mine-yuki

Author:mine-yuki
FC2ブログへようこそ!