FC2ブログ

記事一覧

Total war :RomeⅡの日本語化について(復活編その2)

あいかわらず寒い日が続きますねえ・・・

前回、「ゲーム内で参照できるエンサイクロペディアが無くなっています」と書きましたが、これは間違いでした。
いや確かにエンサイクロペディアはなくなってますが、一部の情報はゲーム内に残されていたのです。
キャンペーン画面で部隊のカードや建設物、技術を右クリックすると、

20180213182548_1.jpg

こういうウインドウが現れてエンサイクロペディアで表示されていた解説が表示されるようになってました。(気付かんかった…)
まー取って付けたような機能なのは否めませんが。

ローマ2の翻訳に関しては今月では終わらずに来月までかかりそうです。(そしてもうすぐランス10が発売されるので翻訳も遅くなりそうです)とはいえ、まだ未翻訳なのはユニット、技術、建設物の解説だけなのでプレイには影響がないと思います。

ちょっと時間が余ったので雑談でも。
ローマ2のテキストにはわりとパロディが多く仕込まれてるのですが、その中でもモンティ・パイソンが元ネタになってるものが多かったりします。ところが困ったことに私はモンティ・パイソンに詳しくない。高校生の頃にビデオを借りて見たことがあったのですが、テリー・ギリアムのアニメーションが気色悪くて見るのやめてしまったんです。(この人の映画は好きなんですが)なので私が元ネタ知らないパロディは上手く翻訳しきれてないと思います…これは申し訳ない。ただ、モンティ・パイソン一味の映画『ライフ・オブ・ブライアン』は好きなので、この映画から引っ張ってきているネタは分かりました。(ラテン語に厳しい百人隊長とかね)
ちなみに『ライフ・オブ・ブライアン』のラストは映画史上屈指の名シーンだと私は思っています。



ではまた来月。

導入方法

①MODファイルをDLする
まずファイルをダウンロードします。ダウンロードリンクはこちら↓
http://fast-uploader.com/file/7074071206897/

②ファイルを解凍する
解凍すると、中に

000003.jpg

というファイルがありますので確認して下さい。このうち、日本語に必要なのは「local_en_rome2.pack」のファイルだけです。(フリーフォントを使わせてもらってるので、フォントライセンスフォルダには権利関係を明記したテキストが入ってます。readmeはこの記事と同じく導入方法について説明してます)

③ファイルを上書きする
Total war:RomeⅡがインストールされているフォルダを確認して下さい。たいてい、

000004.jpg

↑のようにインストールされていると思います。Steamのゲームは奥深くにありますから、ちと面倒ですね。インストールフォルダの中にdataというサブフォルダがあるのが分かるでしょうか?さきほどの「local_en_rome2.pack」をdataフォルダにコピーします。これでOK。

③ゲームを起動する
日本語になっているのを確認して下さい。こんな感じで。

20160809140741_1.jpg

もし日本語になっていない場合、たいていlocal_en_rome2.packをコピーする場所を間違えてます。あくまでdataフォルダの中にコピーして下さい。もとに戻したい場合はlocal_en_rome2.packを削除するだけです。簡単でしょ?

※注意
日本語化する場合、ゲーム言語設定を英語にしておく必要があります。Steamのゲームのプロパティに「言語」タブがあります↓

000006.jpg

ここをEnglish(英語)にしておいてください。ま、デフォルトで英語になってますので、フランス語とかトルコ語に設定する人はあまりいないと思いますが…


スポンサーサイト

コメント

No title

翻訳者様
前回分をDLし遅れたものです。
ありがとうございました!

No title

「local_en_rome2.pack」っていう名前で入れるだけだと日本語化されず、「local_en_shared_rome2.pack」って名前に変更して上書きすれば日本語化されます。
説明下手くそでごめんちゃい

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mine-yuki

Author:mine-yuki
FC2ブログへようこそ!